東京と大阪で開催されている「南インド映画祭 2017」に行ってきました。

私が観たのは「帝王カバーリ」と「オッパム〜きみと共に〜」の2本。

「帝王カバーリ」はタミル語の映画で、日本に20年前にインド映画ブームを呼ぶきっかけとなり、「インド映画って突然大勢の男女が踊るんでしょ」という印象もうえつけた「ムトゥ踊るマハラジャ」の主演、ラジニ・カーントの最新作。マレーシア・クアラルンプールでギャング抗争で25年間服役してシャバにもどってきたカバーリ(ラジニ御大)が、対抗するギャング団を一掃するのと、ギャングながら獄中から寄付をしていた、ドラッグや犯罪から少年少女を立ち直らせる「学校」の話と・・・が絡まりながら、妊娠していた妻を殺された敵をうとうとしていたら、どうやら子どもが助かっていて・・・というお話。

さすがにラジニ様も年齢のせいか、昔ほどのキレッキレのダンスがなく、ロマンスの要素もありませんでしたが、私の好きな作品「バーシャ 踊る夕陽のビッグボス」を思わせるスーツ姿でパリッと決めた「義賊」とでもいうべき存在でした。

 続きを読む