社会の「いいこと」、もっと、身近に。

NPOリスク・マネジメント・オフィスのブログです。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、 ソーシャル・ビジネス、SDGs、サステナビリティ、人権、日々の生活のことなど、つれづれに。  ツイッターは、 @nporisk

人権

フェミニズムに特化した出版社

フェミニズムに特化した出版社があることを知り、すごく興味を持った「連休初日」です。(ずっとステイホームなので、連休の実感がありません。)

エトセトラブックス

ウェブサイトからリンクされていた「翻訳者たちのフェミニスト読書日記」という連載を読みました。

No.1 『私は爆弾を運んでいます 言葉という名の爆弾です』─詩とアメリカのフェミニズム(相川千尋)  


続きを読む

SNSがフランス国旗に染まっている件についてのまとまらない考察(2)

ほんの数時間前ですが、SNSがフランス国旗に染まっている件についてのまとまらない考察というタイトルで投稿して、けっこうアクセスがありまして、ちょっと驚いています。

その後、直接感想や意見をいただいたり、他の人の投稿を読みながら、さらにつれづれに考えていました。

SNSで自分のプロフィール写真にフランス国旗をかぶせたりしていること自体、前記事にも書いたように、私はいいことだと思っています。ただそれを強制されたくはないし、アイコンを変えたりしないことが「気にかけていない」ことではないと思っています。

また、他の国でもテロで毎日大勢の方がなくなっているのにフランスだけ?という議論もちょっと違うのではないかと、書きました。

つい数日前に、何の前触れもなく、戦場ではなく生活している場所に、次々で武装した集団がやってきて数百人を攻撃したわけです。その恐怖たるやいかほどだったか。その気持ちによりそうという意思表示をすることに良いも悪いもないと思います。

いろいろな意見を見ていて、ふと思いました。 続きを読む

SNSがフランス国旗に染まっている件についてのまとまらない考察

フランスで起きた8件の同時多発テロ。

120人以上の犠牲者と300人以上のけが人という報道が。

金曜日の夜をそれぞれの方法で楽しんでいた人たちを突然襲った悲劇。

亡くなったりケガをされた方だけでなく、 その場をなんとか逃れた方、目撃した方、そしてパリを始めとしたフランスの人々にも大きなショックを与えたことと思います。

私はちょうど2ヶ月前に、初めてパリを訪れて10日間をすごしたばかりですし、パリ在住の知り合いもいますので、それなりの「つながり」を感じて他人事には思えない一人です。

いま、SNSでは追悼の意を表したり、平和を願う気持ちをこめたり、あるいはテロには屈しないという意思表示などのために、プロフィール写真にフランス国旗をかぶせたり、ピースマークとエッフェル塔をあわせたロゴにするなどの動きが広まっています。

私は、そのこと自体は、いいことだと思っています。変更を強制されたくはありませんが、何らかの意思表示をしたい人たちのためにアイコンを作って誰でも無料で使えるようにしていることで、誰でも簡単に「行動」できるわけです。

ただ、どんどん自分の周りがそうなっていくことに、少し怖さを感じる自分がいることも否めません。 続きを読む

10月11日は「国際ガールズ・デー」!

明日10月11日は国連が定めた「国際ガールズ・デー」です!

教育の機会を奪われたり、早期の強制的な結婚のために身体が感染症やさまざまなリスクにさらされているなど、世界で女の子が社会的、経済的に不利な状況に置かれている現実や、それを打開するために女の子のエンパワーメントを めざそうと、この日が制定されました。

日本でも「国際ガールズ・デー推進ネットワーク」ができたりして、女の子の応援や国際ガールズ・デーの認知度アップのために活動しています。

その活動の一環として、「公益財団法人 プラン・ジャパン」 は明日国連大学にて「国際ガールズ・デー イベント「羽ばたけ! 世界の女の子」~『わたしはマララ』日本初特別試写会&トークセッション~」を開催します。続きを読む
ギャラリー
  • 久しぶりに・・・。
  • 【出張中止のお知らせ】
  • SDGsゲーム体験(2)
  • SDGsゲーム体験(2)
  • SDGsゲーム体験(2)
  • SDGsゲーム体験(1)
  • 仙台で「NPO法人のためのリスクマネジメント」講座でした
  • 仙台で「NPO法人のためのリスクマネジメント」講座でした
  • 仙台で「NPO法人のためのリスクマネジメント」講座でした



記事検索


  • ライブドアブログ