※このたびの九州北部豪雨で被害に遭われたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。福岡県は父の出身地でもあり、被災した自治体に親戚もおり(私の親戚は幸いにも被災を逃れました)、他人事と思えず今も状況をみまもっています・・・。


シス・カンパニー公演、作・演出 三谷幸喜さんの「子供の事情」、公演初日を観てきました。

出演者は、全員「10歳」の小学生の設定。放課後の教室でさまざまなストーリーが展開していきます。

まだ1ヶ月近く続く公演なので、ネタバレしないよう、シス・カンパニーの公式サイトやメディアに出ている情報の範囲をこえない程度で、つれづれ思ったことを書いてみたいと思います。

放課後、いつも教室に残っている4年3組の8人の生徒たち。そしてこの8人の動きをうかがう学級委員と、ある日やってきた転校生の10人の、「家庭環境」や「集団のなかの人間関係」を中心とした話、とまとめようとすると「さらっと」しすぎちゃいますね(^^;

おそらく先生からの言葉を伝えているうちに自分自身が「正義」のようになった学級委員、クラスのまとめ役、とにかくイタズラばかり考えるトラブルメーカー、クラスの「アイドル」、誰かの後にくっついている「スネ夫」、我が道を行く「マイペース派」、すべてを一歩ひいて見ている「傍観者」など、どのクラスにも1人はいそうなタイプの子どもたちが出てきます。
続きを読む