社会の「いいこと」、もっと、身近に。

NPOリスク・マネジメント・オフィスのブログ。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、ソーシャル・ビジネス、日々の生活のことなど、つれづれに。中の人:代表 中原美香

お越しいただき、ありがとうございます。

投稿に際して、できる限り情報の真偽を確認したり、特定の個人や組織、集団を根拠なく推奨・非難・批判しないように務めますが、最新の情報やそれに基づいた判断ではない場合もあります。誤りや状況の変化に応じて、記事の訂正あるいは追加記事の執筆も可能な限り行なうよう、できる限り務めます。

いただいたコメントやトラックバックなども、上記の基準などに基づき承認手続きを行ないますが、承認できなかったものについての個別のお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。

また、ここでの内容は、中原が所属する他の組織の見解や方針とは関係ありません。

ちょっと堅苦しいことを書きましたが、肩肘はらずにお読みいただければと思います。

読む・聴く・観る

ビートルズ展観てきました

今年も残すところ約1日と少しとなりました。

年末年始で帰省や旅行などにすでに出発された方、大掃除に明け暮れている方、年賀状をしあげようと頑張っている方、年末年始なぞ関係なくお仕事の方・・・それぞれの「年の瀬」をむかえていらっしゃることかと思います。

私は、仕事納めにかぶるように風邪をひきました。幸い大事にはいたらず、快方に向かっていますが、まだ体力が万全ではないので、今日楽しみにしていたインド映画鑑賞は来年に持ち越されました。。。

そんななかですが、日付指定のチケットを買っていたこともあり、有楽町インフォスで開催されているザ・ビートルズ展 「<Ladies and Gentlemen... THE BEATLES!>」を観てきました。

アメリカのグラミー博物館公認の企画で、同博物館所有のビートルズ関連アイテムが400以上展示されているそうです。

グラミーミュージアム公認、ザ・ビートルズ展が日本上陸

続きを読む

なんだか頭から離れないM-1グランプリでのできごと。

12月3日(土)にテレビでも放送されていた「M-1グランプリ」。漫才の頂上戦ということで、多くのコンビを組んでいる芸人さんたちがしのぎを削る年に一度の大会ですね。

私は、家にいればテレビの前で気楽にネタを見て笑ったり「こっちの方が面白かったかな」と評価したりするだけの「一視聴者」でしかありません。

でも、今年は、いまだになんだか頭から離れないできごとがありました。

審判員のおひとり、上沼恵美子さんのマヂカルラブリーへのコメントです。 続きを読む

「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」観ました。

歌舞伎座で「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」を観てきました。

世界三大叙事詩のひとつ「マハーバーラタ戦記」をもとにした新作歌舞伎で、尾上菊之助さんが主演。

すごく縮めて言ってしまえば、世界を救うために汲丁(くんてい)姫と太陽神との間に生まれ直後に川に流され民間の夫婦に育てられた迦楼奈(かるな)、その後帝釈天などとの間に生まれた5人の皇子、そして皇子のいとこたちとの間で繰り広げられる争いや、その争いなどを通じて生きることの意味や争うことの空しさなどを描いた作品です。

続きを読む

「子供の事情」初日観てきました!

※このたびの九州北部豪雨で被害に遭われたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。福岡県は父の出身地でもあり、被災した自治体に親戚もおり(私の親戚は幸いにも被災を逃れました)、他人事と思えず今も状況をみまもっています・・・。


シス・カンパニー公演、作・演出 三谷幸喜さんの「子供の事情」、公演初日を観てきました。

出演者は、全員「10歳」の小学生の設定。放課後の教室でさまざまなストーリーが展開していきます。

まだ1ヶ月近く続く公演なので、ネタバレしないよう、シス・カンパニーの公式サイトやメディアに出ている情報の範囲をこえない程度で、つれづれ思ったことを書いてみたいと思います。

放課後、いつも教室に残っている4年3組の8人の生徒たち。そしてこの8人の動きをうかがう学級委員と、ある日やってきた転校生の10人の、「家庭環境」や「集団のなかの人間関係」を中心とした話、とまとめようとすると「さらっと」しすぎちゃいますね(^^;

おそらく先生からの言葉を伝えているうちに自分自身が「正義」のようになった学級委員、クラスのまとめ役、とにかくイタズラばかり考えるトラブルメーカー、クラスの「アイドル」、誰かの後にくっついている「スネ夫」、我が道を行く「マイペース派」、すべてを一歩ひいて見ている「傍観者」など、どのクラスにも1人はいそうなタイプの子どもたちが出てきます。
続きを読む

南インド映画祭

東京と大阪で開催されている「南インド映画祭 2017」に行ってきました。

私が観たのは「帝王カバーリ」と「オッパム〜きみと共に〜」の2本。

「帝王カバーリ」はタミル語の映画で、日本に20年前にインド映画ブームを呼ぶきっかけとなり、「インド映画って突然大勢の男女が踊るんでしょ」という印象もうえつけた「ムトゥ踊るマハラジャ」の主演、ラジニ・カーントの最新作。マレーシア・クアラルンプールでギャング抗争で25年間服役してシャバにもどってきたカバーリ(ラジニ御大)が、対抗するギャング団を一掃するのと、ギャングながら獄中から寄付をしていた、ドラッグや犯罪から少年少女を立ち直らせる「学校」の話と・・・が絡まりながら、妊娠していた妻を殺された敵をうとうとしていたら、どうやら子どもが助かっていて・・・というお話。

さすがにラジニ様も年齢のせいか、昔ほどのキレッキレのダンスがなく、ロマンスの要素もありませんでしたが、私の好きな作品「バーシャ 踊る夕陽のビッグボス」を思わせるスーツ姿でパリッと決めた「義賊」とでもいうべき存在でした。

 続きを読む
ギャラリー
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました