社会の「いいこと」、もっと、身近に。

NPOリスク・マネジメント・オフィスのブログ。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、ソーシャル・ビジネス、日々の生活のことなど、つれづれに。中の人:代表 中原美香

お越しいただき、ありがとうございます。

投稿に際して、できる限り情報の真偽を確認したり、特定の個人や組織、集団を根拠なく推奨・非難・批判しないように務めますが、最新の情報やそれに基づいた判断ではない場合もあります。誤りや状況の変化に応じて、記事の訂正あるいは追加記事の執筆も可能な限り行なうよう、できる限り務めます。

いただいたコメントやトラックバックなども、上記の基準などに基づき承認手続きを行ないますが、承認できなかったものについての個別のお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。

また、ここでの内容は、中原が所属する他の組織の見解や方針とは関係ありません。

ちょっと堅苦しいことを書きましたが、肩肘はらずにお読みいただければと思います。

非営利セクター

さいたま市市民活動サポートセンターの指定管理者制度打ち切りに見る民主主義のリスクとチャンス

 さいたま市が、さいたま市市民活動サポートセンター条例を改正し、2016年度(平成28年度)から、指定管理者制度をとりやめることになったそうです。

【参考】
さいたま市民活動センターの指定管理停止…市議会で可決 団体が抗議

さいたま市議会 市民活動の施設直営に 条例案可決「集会制限の恐れ」

 さいたまNPOセンターのブログに、その経緯が記されています。詳しくはこのブログをご参照いただきたいのですが、さいたま市市民活動サポートセンター(以下、「サポートセンター」)の平成28〜32年度の第三期指定管理者公募はすでに行なわれており、プレゼンテーションも終えていたにもかかわらず、10月5日のさいたま市市議会の決算・評価特別委員会において、自民党所属の議員がサポートセンター登録の約1,700団体中14団体が、反原発や自公政権への批判など「政治活動」を行なっている団体だと指摘したそうです。その後、自民党からさいたま市市民活動サポートセンター条例改正案が市議会に提出され、16日に可決されました。  続きを読む

「NPO元事務局長逮捕」

生活困窮者の経済的な自立支援活動などを行なう特定非営利活動法人の元事務局長が、行方不明となった宿泊施設の退所者になりすまし、施設を利用していると見せかけて1,180万円もの生活保護費をだまし取っていたとして逮捕されたそうです。

検索してパッと目についた2つの記事、見出しにどちらも「NPO元事務局長」とありますが、団体名はありません。現在、特定非営利活動法人数は5万以上(2015年5月31日現在、内閣府)。いったいどこだろう?

企業だったら、「会社社長」とだけ書かれるのだろうか。有名企業などでない限りはやはりそうなのか?

「相変わらず、NPOで何かあると見出しで無関係なNPOへの風評リスクになるよな」・・・と思いつつ、2つの記事を見てみました。


NPO元事務局長逮捕、生活保護費詐取の疑い
 こちらの記事には、本文に組織名がありません。

退所者の生活保護費詐取=容疑でNPO元事務局長逮捕—警視庁
 こちらには、ありました。「東京サポートセンター」という NPOだそうです。


今度は、東京サポートセンターのウェブサイトに行ってみました。今回の件について、なにか発信しているかと思いながら。




 続きを読む

ペットボトルキャップのゆくえ

東京では気温が20度を超えたかと思えば桜の見頃もすぎて雪が降ったりと、極端な天気や乱高下する気温に少々身体が堪えている気がします。新年度が始まりバタバタしているためというのもあるかもしれませんが。

さて、NPO絡みで気になるニュースが報道されました。

ペットボトルふた回収のNPO、ワクチン代寄付滞る
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/09/petbottle-cap-npo-vaccine_n_7037770.html

「世界の子どもにワクチンを日本委員会」(JCV)という団体名を聞いたことがなくても、途上国の子どもたちを救うワクチン寄付のためのキャップ回収ボックス等をご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。続きを読む
ギャラリー
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。