6月になりました。今年は新型コロナウイルスに振り回される1年になりそうです。しかし、ただ「振り回される」だけで終わりたくはないとも思う今日この頃です。

6月は男女雇用機会均等月間です。国連女性差別撤廃条約を批准するにあたり国内法を整備する形で1985年6月1日に男女雇用機会均等法が施行されました。今年は施行35周年になるのですね。

そのあと男女共同参画基本法(正式名称)が1999年に施行されたり、世の中は男性と女性だけではなくさまざまな性自認があるということで、雇用の場以外での男女格差への取り組みの必要性だけでなく、あらゆるジェンダーを尊重し、配慮することが必要だという認識が、1990年代以降広まってきたと思います。

それでも世界経済フォーラム(WWF)が発表する男女平等指数は今年121位とますます後退するばかり。政治、経済そして社会(地域)と家庭内で、そして平時と非常・緊急時での男女、またはすべてのジェンダーに属する人たちにとって安心して暮らせる仕組みを作るよう、一人一人の努力が大切です。続きを読む