社会の「いいこと」、もっと、身近に。

なかはらみかです。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、ソーシャル・ビジネス、日々の生活のことなど、つれづれに。 ツイッターは、 @mikapyon

お越しいただき、ありがとうございます。

投稿に際して、できる限り情報の真偽を確認したり、特定の個人や組織、集団を根拠なく推奨・非難・批判しないように務めますが、最新の情報やそれに基づいた判断ではない場合もあります。誤りや状況の変化に応じて、記事の訂正あるいは追加記事の執筆も可能な限り行なうよう、できる限り務めます。

いただいたコメントやトラックバックなども、上記の基準などに基づき承認手続きを行ないますが、承認できなかったものについての個別のお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。

また、ここでの内容は、中原が所属あるいは関係する組織の見解や方針とは関係ありません。

ちょっと堅苦しいことを書きましたが、肩肘はらずにお読みいただければと思います。

お知らせ

いすみ市主催の創業セミナー@喫茶ランドリーに参加してきました。

この1週間は、刺激的でした。

所属している大学のボランティアセンターに海外からの視察団の訪問があり、学生の活動も含めて、ボランティアセンターの活動をSDGs(持続可能な開発目標)、とくに目標17(パートナーシップで目標を達成しよう)の視点から考えるというプレゼンをしました。所属のボランティアセンターだけでなく、大学内でのパートナーシップ、協力という点から考え直すよい機会となりました。

そして今日は、「キラキラ・ギラギラを目指さない”身の丈起業”を考えよう」という千葉県いすみ市の創業セミナーに行ってきました。続きを読む

日本財団Social Innovation Forum 2018行ってきました。

台風21号および北海道での地震の被害に遭われたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。この夏は例年より多くの台風が日本列島を襲い、西日本各地では前の影響が残ったままでまた次の台風や大雨・・・と、ルートがそれてほしいと願っていましたが、多くのダメージを受けられたことと思います。また、北海道の地震も台風21号の影響を受けた直後ということで、そのために土砂災害が拡大したということがあったかもしれません。厚真町の山が見渡す限り木がなぎ倒され茶色い山肌をあらわにしている姿に、言葉もありませんでした。いまだ安否不明の方もいらっしゃいます。一日も早く見つかることをお祈りしています。

9月8日(土)、9日(日)と青山学院大学で開催される日本財団Social Innovation Forum 2018に行ってきました。今年で3回めの開催だそうですが、私は初参加です。参加者の男女・年代などが案外ばらけていて驚きました。

今年は、渋谷区とのコラボでSocial Innovation Weekとして、渋谷のあちこちでも関連イベントが行なわれるそうです。

今日はオープニングのあと11時〜13時、14時〜16時、17時〜19時と3つの時間帯に4〜5ずつの分科会がありました。分科会は社会課題(Issue)と解決(Solution)、そして考え方、問題のとらえ方を考える哲学(Philosophy)の3種類。なので、すべて「これがソーシャルイノベーションだ」という感じでもなく、自分の体験に関するトークセッションあり、みんなで考えるワークが入っているものありという感じのようでした。私が出た分科会はどれも「登壇者の話を聴く」のがメインでしたが。

 続きを読む

【ご挨拶】2018年になりました。

<こちらの記事は、NPOリスク・マネジメント・オフィスのトップページに掲載したものと同じです。>

新年 あけましておめでとうございます。

2018年が、みなさまにとってすばらしい1年となりますよう、お祈りもうしあげます。

NPOリスク・マネジメント・オフィスでは、今年はとくに以下の3つの分野に重点をおきたいと思っています。

1)リスク・マネジメントのイメージをダイナミックなものにする
リスク・マネジメントは、「自分たちが責任に問われないようにするためのもの」とか、「何か起きたら困るから、チャレンジ精神と相反するもの」と思われがちです。いままで以上に「リスク・マネジメントは、自分たちがめざす社会の実現のチャンスのため」のものであることを非営利セクターのみなさまにお伝えできればと思っています。

2)ソーシャル・ビジネス/ソーシャル・イノベーションに関する支援や情報発信に取り組む
一方で、「よりよい社会のため」、「世界に笑顔を増やすため」の活動には、営利・非営利という線引きはあまり意味のないものになってきている部分もあります。また、社会で新しいソーシャル・ビジネスやソーシャル・イノベーションの分野には、企業も非営利組織も関わっている分野です。このような「社会のあり方を変える活動」では、社会に「新しい価値」を吹き込むため、さまざまなリスクを取ることも必要です。このような分野についても支援し、情報発信していければと思っています。
一方で、「よりよい社会のため」、「世界に笑顔を増やすため」の活動には、営利・非営利という線引きはあまり意味のないものになってきている部分もあります。また、社会で新しいソーシャル・ビジネスやソーシャル・イノベーションの分野には、企業も非営利組織も関わっている分野です。このような「社会のあり方を変える活動」では、社会に「新しい価値」を吹き込むため、さまざまなリスクを取ることも必要です。このような分野についても支援し、情報発信していければと思っています。

3)ロビイングやアドボカシーの大切さについても支援や情報発信を続けていく
非営利組織もソーシャル・ビジネスに取り組むなど「事業性を高める」ことは大切ですが、同時に、法律や制度の支援からこぼれおちてしまう人たちが少しでも少なくなるように、また、社会の偏見や差別にとりくむために、法制度を変えるアプローチも必要です。長期的な取り組みであり、また「お金にならない」部分でもありますが、非営利組織にとってロビイングやアドボカシーは,自分たちの自律のためにも重要な活動です。この活動を支援することは、非営利組織や社会を良くするために全体に網をかけるようなものです。NPOリスク・マネジメント・オフィスでは、非営利組織のロビイング/アドボカシー力の向上も支援していきます。

「支援」と言っていますが、支援とは決して他人事として外から見ていることではなく、「共に」活動することだと考えています。

今年も、多くの方々と関わり、共に歩んで行けたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

NPOリスク・マネジメント・オフィス 
代表  中原 美香

【報告】リスク・マネジメント研修終了しました。

12月7日(木)、東京都北区社会福祉協議会が主催した「安全な食の提供とリスク・マネジメント」で、市民活動・地域貢献活動におけるリスク・マネジメントについて、お話させていただきました。

当日は、子ども食堂を運営していたり、これから運営したいという方々を中心に、40名近い方のご参加がありました。

講座では、私がリスク・マネジメント全般についてお話させていただいたあと、千葉県のこがねはら子ども食堂の高橋亮代表が子ども食堂保険についてご説明され、さらにその後は保健所の方がノロウィルスを例にした嘔吐物の安全な処理方法をご説明・デモンストレーションされました。

3時間にぎっしりつまった講座でしたが、参加者のみなさんが熱心かつとても共感的に講座を受講されていて、私もお話しやすかったです

ご参加のみなさま、講師のみなさま、主催の北区社会福祉協議会のみなさま、ご協力・ご支援ありがとうございました。続きを読む

12月7日(木)「安全な食の提供とリスク・マネジメント」講座@北区社会福祉協議会

12月7日(木)午後1時半〜4時半 東京都北区岸町ふれあい館3Fにて開催される「安全な食の提供とリスク・マネジメント」講座において、「地域貢献活動・市民活動におけるリスク・マネジメント」と題してお話させていただきます。

ほかにも「子ども食堂保険」や「食の提供への衛生管理」に関するお話もあります。

参加は無料ですので、ご関心ある方は、北区社会福祉協議会のウェブサイトをご覧ください(12月1日締め切りとありますが、まだお申し込みできると思います。)
ギャラリー
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました
  • ビートルズ展観てきました