フェミニズムに特化した出版社があることを知り、すごく興味を持った「連休初日」です。(ずっとステイホームなので、連休の実感がありません。)

エトセトラブックス

ウェブサイトからリンクされていた「翻訳者たちのフェミニスト読書日記」という連載を読みました。

No.1 『私は爆弾を運んでいます 言葉という名の爆弾です』─詩とアメリカのフェミニズム(相川千尋)  


続きを読む