このところ、お世話になった方に立て続けにお会いする機会があります。

昔から知っている方もあれば、面識はあったものの初めてじっくりお話をする方まで、いろいろな方と久しぶりにゆったりとした気持ちでお会いしています。

そのなかで、何人かの方から、私が関わっていたある組織について、やんわりとではありますがマイナスの評価を伝えられました。

その組織の中のことはご存知ない方の方が多く、ご本人たちも「あくまでも、外から見ているだけの立場でしかないけれど」というおっしゃってはいましたが、私としては、そのようにその組織に決して近くない方からでも「外からはそのように見えていたのか」と、驚きました。

たとえば顧客は、自分がうけたサービスに不満を持っていても、それを伝えるのは、不満を持った人のほんの数パーセントと言われています。続きを読む