社会の「いいこと」、もっと、身近に。

NPOリスク・マネジメント・オフィスのブログです。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、 ソーシャル・ビジネス、SDGs、サステナビリティ、人権、日々の生活のことなど、つれづれに。  ツイッターは、 @nporisk

2015年10月

今日まで開催されている「東京国際映画祭」。
今年で28回目だそうです。

当初予定はなかったのですが、友人から「ジャイ・ホー A.R.ラフマーンの音世界」が上映されると前日に聞き、一緒に観に行ってきました。

ラフマーン氏の名前は、ここ20年程のインド映画が好きな人なら絶対に避けては通れない名前で、彼の音楽は多くの映画で使われています。彼自身もステージで歌うことも。

インド映画を知らない人でも、「スラムドッグ$ミリオネア」なら聞いたことがある人も多いと思います。 日本でも話題になりました。この映画の音楽を担当したのも、彼です。続きを読む

 さいたま市が、さいたま市市民活動サポートセンター条例を改正し、2016年度(平成28年度)から、指定管理者制度をとりやめることになったそうです。

【参考】
さいたま市民活動センターの指定管理停止…市議会で可決 団体が抗議

さいたま市議会 市民活動の施設直営に 条例案可決「集会制限の恐れ」

 さいたまNPOセンターのブログに、その経緯が記されています。詳しくはこのブログをご参照いただきたいのですが、さいたま市市民活動サポートセンター(以下、「サポートセンター」)の平成28〜32年度の第三期指定管理者公募はすでに行なわれており、プレゼンテーションも終えていたにもかかわらず、10月5日のさいたま市市議会の決算・評価特別委員会において、自民党所属の議員がサポートセンター登録の約1,700団体中14団体が、反原発や自公政権への批判など「政治活動」を行なっている団体だと指摘したそうです。その後、自民党からさいたま市市民活動サポートセンター条例改正案が市議会に提出され、16日に可決されました。  続きを読む

明日10月11日は国連が定めた「国際ガールズ・デー」です!

教育の機会を奪われたり、早期の強制的な結婚のために身体が感染症やさまざまなリスクにさらされているなど、世界で女の子が社会的、経済的に不利な状況に置かれている現実や、それを打開するために女の子のエンパワーメントを めざそうと、この日が制定されました。

日本でも「国際ガールズ・デー推進ネットワーク」ができたりして、女の子の応援や国際ガールズ・デーの認知度アップのために活動しています。

その活動の一環として、「公益財団法人 プラン・ジャパン」 は明日国連大学にて「国際ガールズ・デー イベント「羽ばたけ! 世界の女の子」~『わたしはマララ』日本初特別試写会&トークセッション~」を開催します。続きを読む

このページのトップヘ