「筆談ホステス」として知られた斉藤里恵さんが東京都北区議会議員選挙で当選されたのをうけ、聴覚障がいの方が議員として議会に参加するために北区では400万円をかけて、議場での議員などの発言を文字化したり、斉藤議員の発言はパソコンで入力されたものが表示されるとのこと。
 
東京・北区議会:これが斉藤里恵区議支援のIT装置です 

もしこれを「1人の聴覚障がい者のために400万円もの税金が・・・」なんて思ったら大間違いだと思います。
続きを読む