今年最後の週末、いかがおすごしですか?
今日はクリスマス なので、パーティをしたり大切な人とすごしたり・・・と、いろいろ楽しいことをされている方も多いと思います。

私はというと・・・「大掃除」です 「クリスマス」とかいて「おおそうじ」とルビをふるという感じです。

今年はとくに「紙」つまり資料を減らす、のが第一のミッションです。

今までもときおり行なってはいましたが、今年はとくに思い切って減らそうと奮闘中です。
さらに、ここ数年検討してきた念願のスキャナを買いましたので、今まで「まだ見るかも・・・でも場所取るなぁ」という資料は読み込んでPDFファイルにしています。

ただ、PDFファイルが増えるだけでは、パソコンにいらない文書がたまるだけでよくないですね。なので、 読み込まないものもあります。

厳格にではありませんが、私が今回考えたルールは

1)自分が執筆して印刷物になったものは、スキャンして廃棄する。
2)新聞記事(ネット上のものも含む)や雑誌の記事は、とりあげられているケースや人、組織などを深堀したいもの以外は廃棄する。
3)クローズドな研究会で配布された資料は、中身を吟味して残すものは残す。
4)年に何度も参照するものは印刷された状態で保管する。 

・・・という感じです。

書籍にはまだ手をつけていません。

第一段階としてめざしてるのは「本棚を1本減らす」ことです。
大きな本棚なので、かなりの資料や本を減らさなければなりませんが、検索の精度をあげ、さらに効率的なインプットとアウトプットができるようになりたいと思います。

第二段階は、「空間を広く感じることで精神的に良い状況を維持する」ことです。「あれはどこにあるっけ?あ、そうだ、この書類の山の向こうだ」となって、必要なものを取り出すときに脱出ゲームのような状況になっていることでイライラしたり、必要な作業を後回ししたりすることがありました。座るためのソファにも資料が山積みです。愛猫もソファに乗れません・・・。

ただでさえ家を一歩でればストレスがたまる今の社会、家のなかだけはストレスフリーにしたいものです。そして、外と違い、部屋のなかのコントロールは自分が自分だけでできるのです(^^)

明日26日が年内最後の資源ゴミ回収の日なので、今夜はこの「資料廃棄」に全力を注ぎます。かなり廃棄に回しましたが、まだすっきりした棚の列がありません

同じように書類の片付けをされているみなさん、廃棄の時、なかにはシュレッダーにかけないといけない情報が入っている場合があるので、確認は慎重にしましょう。裏紙でそういう情報が入っているものを使った可能性がありますので、裏表の確認を怠らないようにしなければなりません。この手間、そして確認したつもりでうっかりシュレッダーにかけなければいけない紙をリサイクルに出すリスクを考えると、もともと裏紙は使わないというのも方針としてはありですよ。もったいないというのはわかりますが、その方針によって印刷を簡単にしなくなるなら、かえって環境には良いかもしれません・・・。