4月14日午後9時26分ごろ熊本県で発生した地震の最大震度7と聞いて本当に驚き、心配したのですが、その後16日午前1時25分ごろ発生したM7.3の地震が本震だと聞いてさらに驚きました。

テレビのニュースでの中継を見ていて「がれき」という言葉に反応してしまいました。それは、どなたかのお宅です・・・。


亡くなられた方のご冥福をお祈りします。そして避難生活をされている方、被災されたみなさんにお見舞い申し上げます。震源が浅く内陸のため、頻繁にくる余震の感じ方も大変強いのではないかと思います。心が落ち着かないなかでライフラインが断たれるなど不便な生活を強いられ、本当に辛いと思います。一日も早く、状況が少しでも落ち着くことを願うばかりです。

そのようななか、すでに民間の団体でも緊急支援に向かったり、募金を募集しているところもあります。ボランティアや物資の受け入れは、まだ体制が整っていないようです。「現地に行ってなにかできることをしたい」、「物資を送りたい」などの気持ちを強く持っている方も多くいらっしゃると思いますが、もう少しだけその気持ちを持ったまま待機していてほしいと思います。

そして、復興には長い時間がかかるでしょうから、そのときに応じた支援や関わりが必要です。わーっとマスコミやボランティアが来たけどさーっといなくなってしまうことも、もしかしたら心理的には「二次災害」ということはないだろうかと、心配になりますので、太く短い瞬発力より、それなりの太さでの持久力をもって、被災された方々が必要とされるなら、よりそっていきませんか。

ボランティア・物資、焦らないで (毎日新聞 2016年4月15日)
また、デマなどの拡散に加担しないというのも、地味ではありますが「私たちにできること」のひとつだと思います。

熊本地震のデマ、ネットで出回る 安易な拡散には注意を (朝日新聞デジタル 2016年4月15日)

いまは寄付の募集が多い段階です。もうすこししたら、ボランティアや物資の受け入れも体制が整うことでしょう。まずは人命救助や緊急車輛が陸路・空路ともに優先されますので、受け入れ体制が整ったときに動けるように、支援が必要とされる物資を少し買ってみたり、たとえば東京でしたら熊本県のアンテナショップで買い物をして応援してみたり(すでに今日も多くの方が訪れているようです)、みなさん「自分の持ち場」でできることをして待ちませんか?

支援に関する情報はすでにいろいろなサイトでも紹介されていますので、ここではいくつかご紹介するにとどめます(順不同)。