社会の「いいこと」、もっと、身近に。

NPOリスク・マネジメント・オフィスのブログ。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、ソーシャル・ビジネス、日々の生活のことなど、つれづれに。中の人:代表 中原美香

お越しいただき、ありがとうございます。

投稿に際して、できる限り情報の真偽を確認したり、特定の個人や組織、集団を根拠なく推奨・非難・批判しないように務めますが、最新の情報やそれに基づいた判断ではない場合もあります。誤りや状況の変化に応じて、記事の訂正あるいは追加記事の執筆も可能な限り行なうよう、できる限り務めます。

いただいたコメントやトラックバックなども、上記の基準などに基づき承認手続きを行ないますが、承認できなかったものについての個別のお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。

また、ここでの内容は、中原が所属する他の組織の見解や方針とは関係ありません。

ちょっと堅苦しいことを書きましたが、肩肘はらずにお読みいただければと思います。

ある方の訃報。

前職でお世話になった方の突然の訃報にふれ、大きなショックを受けています。

 

大学教授のその方は、1年以上、病気でお休みされていたそうです。その先生のことを、今年のはじめくらいだったでしょうか、ふと思い出して「お元気かな、メールしてみようかな」と考えたのにそのままにしてしまったことを悔やんでいます。

 

東日本大震災がおきたとき、ある日突然命を落としてしまったり、ふだんそれほど親しくしていない人でも二度と会えなくなってしまったらとてもつらいことを実感しました。また、生活が大きく変わってしまうことの悲しさや自分の無力さなどを感じ、気に入りすぎて使わずにいた食器が割れるなどして使えなくなったことに「使っておけばよかった」と後悔もしました。いろいろなレベルでの「別れ」というものへの悲しさや恐怖を感じたのです。

 

そのとき、「後悔しないようにいろいろ行動しようと思ったはずでした。

 

会いたい人には会う。行きたいところには行く。したいことはする。伝えたい気持ちを伝える。。。

 

でも気がつけば、忙しいことなどを理由に、先送りしていることがたくさんあります。今回もまた、同じ過ちをおかしてしまいました。その先生のご活動やご研究のお話をもっとうかがいたかった。

「モノ」に関することならともかく、「人」に関することの後悔は、とても深く、やりきれない気持ちでいっぱいです。 

まだお若かった先生のご冥福をお祈りします。残されたご家族のお気持ちがいかばかりかと思うと、言葉がありません。。。 

6月3日(土)、ソーシャルイノベーション・アカデミー無料説明会実施します。

一般社団法人DSIA – Durable Social Innovation Alliance (DSIA)が、昨年度に続き、今年も「ソーシャルイノベーション・アカデミー」(SIA)を9月から開催します。

開催に先立ち、「無料説明会」を実施します。単なる「説明会」にとどまらず、SIA一期生のお話を聞いたり、実際に起業されたケースを考えたりもします。

説明会の概要は、以下の通りです。

日時: 2017年06月03日(土)(14時~16時半 (13時半開場))
会場: 日比谷図書館文化館スタジオプラス
参加費: 無料
定員: 40人(先着順)
主催:ソーシャルイノベーション・アカデミー事務局(一般社団法人DSIA内)

詳細およびお申し込みは、こくちーずのこちらのサイトから

私もスタッフとして当日会場におります

6月3日の説明会、そして9月からのアカデミーで、1人でも多くの方にお会いできるのを楽しみにしています

南インド映画祭

東京と大阪で開催されている「南インド映画祭 2017」に行ってきました。

私が観たのは「帝王カバーリ」と「オッパム〜きみと共に〜」の2本。

「帝王カバーリ」はタミル語の映画で、日本に20年前にインド映画ブームを呼ぶきっかけとなり、「インド映画って突然大勢の男女が踊るんでしょ」という印象もうえつけた「ムトゥ踊るマハラジャ」の主演、ラジニ・カーントの最新作。マレーシア・クアラルンプールでギャング抗争で25年間服役してシャバにもどってきたカバーリ(ラジニ御大)が、対抗するギャング団を一掃するのと、ギャングながら獄中から寄付をしていた、ドラッグや犯罪から少年少女を立ち直らせる「学校」の話と・・・が絡まりながら、妊娠していた妻を殺された敵をうとうとしていたら、どうやら子どもが助かっていて・・・というお話。

さすがにラジニ様も年齢のせいか、昔ほどのキレッキレのダンスがなく、ロマンスの要素もありませんでしたが、私の好きな作品「バーシャ 踊る夕陽のビッグボス」を思わせるスーツ姿でパリッと決めた「義賊」とでもいうべき存在でした。

 続きを読む
ギャラリー
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。
  • 大阪に行ってきました。