社会の「いいこと」、もっと、身近に。

NPOリスク・マネジメント・オフィスのブログ。NPOやマネジメント、時事ネタ、CSR、ソーシャル・ビジネス、日々の生活のことなど、つれづれに。中の人:代表 中原美香

お越しいただき、ありがとうございます。

投稿に際して、できる限り情報の真偽を確認したり、特定の個人や組織、集団を根拠なく推奨・非難・批判しないように務めますが、最新の情報やそれに基づいた判断ではない場合もあります。誤りや状況の変化に応じて、記事の訂正あるいは追加記事の執筆も可能な限り行なうよう、できる限り務めます。

いただいたコメントやトラックバックなども、上記の基準などに基づき承認手続きを行ないますが、承認できなかったものについての個別のお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。

また、ここでの内容は、中原が所属する他の組織の見解や方針とは関係ありません。

ちょっと堅苦しいことを書きましたが、肩肘はらずにお読みいただければと思います。

南インド映画祭

東京と大阪で開催されている「南インド映画祭 2017」に行ってきました。

私が観たのは「帝王カバーリ」と「オッパム〜きみと共に〜」の2本。

「帝王カバーリ」はタミル語の映画で、日本に20年前にインド映画ブームを呼ぶきっかけとなり、「インド映画って突然大勢の男女が踊るんでしょ」という印象もうえつけた「ムトゥ踊るマハラジャ」の主演、ラジニ・カーントの最新作。マレーシア・クアラルンプールでギャング抗争で25年間服役してシャバにもどってきたカバーリ(ラジニ御大)が、対抗するギャング団を一掃するのと、ギャングながら獄中から寄付をしていた、ドラッグや犯罪から少年少女を立ち直らせる「学校」の話と・・・が絡まりながら、妊娠していた妻を殺された敵をうとうとしていたら、どうやら子どもが助かっていて・・・というお話。

さすがにラジニ様も年齢のせいか、昔ほどのキレッキレのダンスがなく、ロマンスの要素もありませんでしたが、私の好きな作品「バーシャ 踊る夕陽のビッグボス」を思わせるスーツ姿でパリッと決めた「義賊」とでもいうべき存在でした。

 続きを読む

コーヒーと犬・ネコが好きな人のソーシャル

土曜日、東京は20度超えの気温だったようです。
でも急に雨が降ったり、ちょっと空が不安定な感じです。

こんな記事をみつけました。
コーヒーを飲むことが保護猫や里親募集の支援に
 
東京・世田谷の一般社団法人Love&Co.では、犬・ネコの保護と里親募集活動をして、販売するコーヒーのパッケージにも里親募集中の犬・ネコたちの写真やプロフィールなどが掲載されているそうです。ほかにも食器や雑貨なども販売していて、売り上げがごはん代や医療費に使われるとのこと。

好きなコーヒーを飲んで好きな犬・ネコたちの役に立てるなら、嬉しいですね

ワークショップなども行なわれているそうなんですが、「うちの犬・ネコ」として学ぶ英会話が斬新な響き
 

桜と縁結びと食べ歩きとウキウキする女性の話(後編)

さて、「前編」では、桜の花に誘われて、それでも胃袋も満たしながら浅草をそぞろ歩いているようすをご紹介しました。そして、縁結びのご利益もあるという今戸神社へ到着。


DSC06318
 多くの招き猫絵馬がかけられていて、つい、見てしまいます。昨年の年初に「ポール・マッカートニーが来日しますように」と書いてある絵馬があり、まさに昨年末、ポールの来日が発表されましたのでこの方はきっと大喜びだったのではないでしょうか!

 

この神社は、新選組の沖田総司終焉の地でもあります。「沖田総司終焉の地」の碑に若くして志半ばでこの世を去った彼の無念さに思いを馳せました。ただ、「ほかにも“終焉の地”があった気がする」と思い、帰宅してネットで調べたら、千駄ヶ谷のほうにも同じように言われている場所があるとのこと。






DSC06329 DSC06330

また、今戸神社は招き猫の発祥の地でもあるとか。(招き猫発祥の地もいくつかあるようでして、たとえばこの記事では東京世田谷区の豪徳寺も紹介されています。)招き猫をなでて、写真を撮って待ち受け画像にして毎日お祈りすると縁結びのご利益があるとも言われているとか!

 

大きな招き猫がお迎えしてくれる本殿でお参りをすますと、横にお守りなどを売っている場所へ。そこでは購入者に積極的に話しかける女性が対応されていました。この神社の宮司夫人です。私はこの宮司夫人が描かれたハガキサイズの招き猫の絵と、招き猫が今年の干支の鳥のかぶり物?をしているお守りを購入しました。

 

宮司夫人から言われてびっくりしたのですが、こちらの神社では宮司とこの宮司夫人の娘さんもこちらで神主をされているとのことです。(巫女ではなく、神主です。)さらにこの方はイラストもかかれていて、今戸神社の御朱印帳の表紙の招き猫なども彼女のデザインだそう!さらにさらに、女性の神主さんは大変珍しいと思うのですが、今年の国際女性デー(3月8日)にあわせて、ロイター通信からの取材を受けたと聞きました。こちらが、その記事です!

 

そして、神主である市野智絵さんのブログ

 

宮司夫人が、御朱印帳を買った女性に「それ、中川翔子ちゃんが買ったのと同じ!」とおっしゃっていたので、「しょこたん来たんですか?」とうかがうと、「そう、今年の1月のしょこたんのブログに載ってるよ!」とのことだったので、探してみました。

 

こちらですね。中川翔子さんがネコ好きなのは知っていましたが、お父様がかつて沖田総司役をされたことがあるのですね。今戸神社とのご縁も感じますね。

 

話があちこち行きましたが、今まで行きたいと思って叶わなかった今戸神社にこのたび行けたのは、もしかして今年の国際女性デーの記事でとりあげられた市野智絵さんのことを宮司夫人から偶然うかがえて、単に招き猫とか縁結びだけでない「ウキウキ」感をいただくためだったのかも!?なんて、ちょっと運命論的なことまで言いたくなるくらいでした。

 

今戸神社を出てからは桜橋花まつりを少し見ながら、そのまま隅田川沿いに桜や東京スカイツリーを楽しみつつ、行きたかった壽々喜園へ。静岡にお店があるのですが「世界濃い抹茶アイス」と、全部で7段階の濃さが選べるアイスが有名です。

 

DSC_6006


 

しかし、お店の前には行列!しかも少し離れたところにある待合所にすでに待っている人たちがいて、そこから順番に案内されるそうで・・・。待合所に行くと1時間以上は待ちますということで、あきらめて近くの喫茶店に入りました。こちらはなんと5段重ねのホットケーキがありました!ゆったりと、こちらも楽しい時間を過ごしました。

 

DSC_6011

 

これから、桜前線が日本中に春とウキウキを連れて来てくれるのですね。今戸神社の女性の神主さんの存在にもウキウキ。いつか、「そんなのあたり前」な時がくるかもしれませんが、それでも桜にはウキウキしていたいです

ギャラリー
  • 「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」観ました。
  • 「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」観ました。
  • 「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」観ました。
  • 「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」観ました。
  • 「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」観ました。
  • ソノリテIN神山に参加しました
  • ソノリテIN神山に参加しました
  • ソノリテIN神山に参加しました
  • ソノリテIN神山に参加しました